豚ヒレ肉の梅干しソース炒め(瓦版6月号)

夏のこの時期、梅干しは良いですね。

そして、ヒレ肉。やわらかくて食べやすいですね。
ただ、ヒレカツにしか考えが及ばす、歯ごたえの柔らかいヒレを食べたいけれど、
レパートリーが
乏しい。

時々、ヒレ肉って安く売っているのをご存知ですか?
なぜ、安くなるんだろう…。
安いのを見つけると買うのですが、
ヒレカツって、はっきり言ってちょっとめんどくさい時もある。

このメニューは良いですよ~。
夏の必須、梅干しとの組み合わせも良いし、文句なしです。

材料の、「姫筍」
スーパーで水煮になって売っています。
大きな筍に比べて扱いも楽です。
私、中華料理の良い所って、
一皿でいろいろな食材を口にできる所じゃないかと思いました。

今回もいろいろ使っていますよね。
香りも食欲を誘います。

今回も家族には大好評でした。
ヒレ肉は柔らかいし、梅干しのさわやかな酸っぱさとちょっぴり甘めのソースが
こたえられませんでした。

豚肉のビタミンB1は疲れをとるそうです。
私の両親の疲れも今回はとれたようです。
ヒレ肉の柔らかさがとても食べやすかったようです。

師匠のレシピを紹介しているわけですが、「また作って」「また作ろう」
の声や気持ちがおきるレシピが多いです。

今回もその仲間入りをしました。

たたみ

いつもは料理コーナーの反省のブログですが、
今回は部屋の中の話です。

ようやく、畳替えをすることにしました。

何年していないのだろう。
畳屋さんと電話で話をして、下見に来ていただきました。

「一枚、見ますね」と持ち上げて裏を見ます。「おお、古いですね」
「はい、相当長い事やっていませんから」
などというやりとりをしながら、見て頂きました。

まず、我が家の畳の床は「わら」でした。そう、昔ながらのものです。
今は、違うんですって。堅いウレタンの様な厚い物を板で挟んであって、結構軽い。
遮音性も藁よりあるそうです。

またまた我が家の「世の中は進歩していたシリーズ」発進です。

このウレタンも初期の物に比べて固くへたりが少なく
ずいぶん改良されているらしいです。
そして、改良されて現在の物になってからも20年位なるそうです。

と、いうことは、、、我が家の畳の床って、、、何年物?

畳の表かえだけの予定でしたが、急遽全とっかえ~。
と、畳屋さんがメジャーを持って来ていないので
いったん取りに帰られるということ。
畳屋さんも、「全とっかえ」になるとは予想していらっしゃらなかったようですね。

メジャーありますよ、と差し出したら
「いや~畳用の尺の専門の測るものがあるんですよ」

と、持ってこられたのがこれです。
畳用尺

立体的!3cm四方くらいの角材に金属でカバーしてある様な物が登場。
畳において測って行かれました。
単位は尺なんですって。

 

畳のヘリのサンプルも見せて頂きました。

カラフルですよ!
いろいろ制約がありそうなので、ここには載せませんが、
グリーン系、ブルー系、そして、ピンク系、黄色系。

私は、このピンク系が気になったのですが、
夫と長女の意見により、グリーン系の物に決めました。

意外とピンク系は人気だそうですよ。
想像すると、お雛様の座っている「台の縁」の様なイメージでしょうか。

畳そのものも、6~7種類あって、

若いころ住んだアパートの畳はこれだったな風
友達の家はこんな感じだった風
お邪魔した事のある支店長のお宅風
超高級料亭風(行ったことないけど)
市松模様の畳などなど

いぐさの種類や使い方、組む糸の種類や本数で変わるそうです。

なかなか、奥が深い。

で、6月にきれいな畳になります!楽しみ!
今、混んでるんですって。
やっぱり、夏のお昼寝は畳に限りますものね!