築45年の木造在来工法の家リフォーム

P1000508_R
柱だけを残し、耐震性、断熱性を高め、間取り変更をしているリフォーム工事です。
耐震性、使いやすさ、暖かさの向上を目指しています。現段階は解体して基礎の補強や配管の改修をしています。3か月かけて計画し、着工しました。

工事前

1 (2)1 (3)

築45年の木造在来工法の家となります。

 

解体中

 

 

1 (5)1 (1)

 

骨組みだけを残して、すべて取り払いました。柱や基礎の悪い部分が現れ、改修・補強しなければならない部分がはっきりします。床や壁のたわみの原因もわかりました。予算的には想定範囲内でした。

 

新規基礎工事

DSCN0260_RDSCN0261_R

 

間取り変更による追加基礎や補強すべき基礎もあります。地盤が強固で救われた面もあります。

 

新規基礎砕石

DSCN0265_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新規差し筋

DSCN0268_R

DSCN0270_R

耐力不足旧基礎のやり替え

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷重を効率よく地盤に伝える 為の厚さ 150㎜、中幅500㎜の 底辺部分

新規基礎のフーチン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新規基礎の立ち上がり型枠

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存基礎のやり替え

2014_03_10

新規基礎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既存軸組の耐力不足

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既存軸組の耐力不足の補強

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PB140001_R

 

鉄骨合わせ梁による補強

P1000574_RP1000572_R

既存の梁の強度不足は、 鉄骨の合わせ梁で補強します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

荷重が集中する為、柱断面を105㎜角から105㎜×150㎜角へ大きくする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

下がっていた梁は 新規の大梁でもち上げます。
荷重が集中する為、柱断面を105㎜角から105㎜×150㎜角へ大きくする。

補強梁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄梁の特殊な納まり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耐力壁の納まり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

通常は柱の表面に張るが、柱の内側に合板を入れ込み、耐力を確保する。

耐力壁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

予め、構造計算された部分に 構造用合板で耐震壁を構成します。

 

 

 

Top