Aさま邸

 

 

DSC_0609

 

 

・工事名: 床張替工事
・施工地域: 藤沢市
・間取り:10畳洋室

~お客さまのこだわり~
グランドピアノを置く部屋の床がブカブカするということでした。無垢材で床を張り替えたいとのこと。ピアノの先生なので、生徒さんがいらっしゃるし、応接間でもおられるとのことなので、素足で歩け、部屋が暗くなりすぎず、ピアノの存在感につり合う、床材にしたいということでした。

 

~工事の全貌について~
床材は素足でも歩ける無垢材を提案。寒さと部屋の傾きも解消できるように、開口してから原因を究明してから施工方法を考えることになりました。
床の傾きは基礎をいじると大事なので、ご相談に上、束と梁で高さを調整し、根太を細かく張り、重いピアノを置いてもよいように補強しました。
床下の湿気を遮るため、ビニールを敷きました。

 

 

DSCN0324開口時、傾きの状態

 

 

DSCN0343床下へ湿気対策にビニールを敷きました。

DSCN0349梁の補強と高さ調節中

DSCN0351高さ調整中

~担当者から一言~
信頼して預けてくださったお気持ちに答えられるように、職人さんも現場管理者も工夫をしました。そこをお施主さまが汲んで下さり、やってもらって良かったと、お言葉をいただけたことが、大変ありがたかったです。娘さんが「もうほら、平気!」と張替えた床でジャンプされたと伺って、思わず笑ってしまいました。

 

 

 

Top