Iさま邸

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<改修工事>
・施工地域 鎌倉市
・外部・内部

~お客様のこだわりポイント~
雨漏りの修理が発端でした。
開けてみなければわからない事も多かったのですが
雨漏りの修理と、毎日暮らしやすい為の部分改修も加わりました。

 
~工事の全貌について~

そもそもは押入れに出た雨漏りが、お施主様が雨漏りを発見された発端でした。
雨漏りの場合やリフォーム工事というのは、開けてみなければわからない事も多いので、
その点もお話しさせて頂いてからご依頼いただきました。
壁・天井を剥がしてみると、ベランダの床からの雨漏りと見当をつけていましたが、
その上のサッシからの雨漏りでした。台所、浴室の床下は基礎と壁の隙間から雨水が浸入していました。
すべての雨漏り原因を補修し、断熱材を入れなおし、ベランダ防水もやり直しました。
段差も解消したり、収納を造ったりとの改修も行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそもそもは押入れに出た雨漏りでした。壁・天井を剥がしてみると・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERAベランダの床からの雨漏りと思いきや

OLYMPUS DIGITAL CAMERAその上にあるサッシからの雨漏りが原因でした

R1034928

R1034927ベランダの床を全撤去し、新しく床組みをします

R1034930

R1034931

R1034957R1034958

R1034959

  台所・浴室の床下は、基礎と壁の隙間から雨水が浸入

R1034956R1034955

                     壁から外に出ている基礎(この隙間から雨水が入る)

R1034975基礎と壁の間に水切りを入れて雨水の浸入を防ぎます

 R1034987これを機に、和室の床をフローリングにして段差解消

 

R1034985濡れていた断熱材を入れ替えます。
(湿気があるだけで断熱率は下がってしまうのです)

 

R10349882階へと繋がる排水パイプも床仕上げ材ぎりぎりに納め、断熱フォームで気密を保ちます

 

R1034989薄く造った壁にも断熱パネルを入れ込みます

R10349352階のベランダ防水もやり直します

R10349812階のベランダと外壁のつなぎ目も大事なところです

R1034961台所の柱(鉄骨)も、基礎からの雨漏りで根本が腐り始めていたので、防錆処理をしました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

R1034922

R1034923

R1034916

CA3E0053

R1034934

 シロアリ駆除業者が壊した基礎    
   
 ※これは絶対にやってはいけない事例で、当初の基礎の耐力が落ちてしまい、
 切断された鉄筋の切り口から錆が進行してしまいます。
元の耐力に戻す仕様がありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA2階窓水切りが入っていないための雨漏りは、壁から床まで広がっていました。

R1035052

R1035053

R1035054

R1035051リフォーム後のユニットバス・洗面台・台所

R1035050台所入口 のドアは引き戸に変更で、開閉時に場所を必要としなくなります。

R1035048リビングの開口部上部には、カーテンレール取付下地を付けました。
重たい遮光カーテンでもしっかり支えます。

R1035047リビング入口の上につけた神棚は大きく広く作りました。
万が一の時でも、落下の危険が極力ない様にしました。

 R1035046既存の飾り棚を中廊下の壁に造り付けて再利用

 R1035049階段下を利用した物入れを追加

R1035045既存の仏壇との取り合い。横にクローゼットを造りました

R1035040玄関に合う下駄箱が無かったので、造り付け収納を設置

R1035042壁の 厚みを利用して、スリッパの収納場所を造りました

 ~担当者から一言~

雨漏りは家の寿命を縮めます。
建てられた時のお施主様の気持ちは、希望で一杯だったと思うのです。
だから、少しでも家の寿命を長く保つためのメンテナンスは重要です。
ちょっとした事でも、もしかしたらこれは雨染み?
と、気づくことがあったら、放っておかないでください。
まずは建ててもらった工務店に連絡しましょう。

Top